きものターミナルとは

中目黒から徒歩1分にある着物ラーニングラウンジ。着物を自分で着られるようになるお手伝いをいたします。

海外での活動実績あり
ドイツ・フランス・モンゴルにて行ったセミナーでは実際に着物初心者の方々が自分で着物を着られるようになりました。

※どうぞ手ぶらでお越しください
必要なものは全てこちらでご用意いたします。手ぶらでお越しください。


会費について

会費
12,000円
※一度お支払いいただけたら、一年間有効となっております。
有効期間内はご予約していただければ、いつでも『着物の着方、帯の結び方、着物あれこれ』なんでも教えます。ご予約は専用の予約フォームもしくはお電話にて受け付けております。

書籍も販売しております!
幻冬社『今日は着物にウェスタンブーツ履いて』


海外での活動実績

ドイツ・ベルリンでのセミナー

持ち物なしの2時間レッスンの後、全員で観光バスに乗り、ブランデンブルグ門、国会議事堂を練り歩きました。
はじめは着物文化について説明をし、そのあとは自分達で着用できるよう、講師とともに着付けのレッスンをいたしました。全員が着物を着用した後は、観光客で賑わうブランデンブルグ門で撮影。
参加された30名の方々からは「またやってほしい」「今度はいつ来るのか」「きものはベルリンで購入できるのか?」「日本の着物を理解できた」など、たくさんの喜びの声を伝えていただきました。

内容:場所(ドイツ・ベルリン)人数(30名)

フランス・パリでのセミナー

持ち物なしの、2時間レッスンの後、全員でルーブル美術館の通りを着物で歩きました。
レジーナホテルの会議室で、着物文化について説明、そのあとは自分で着る実践。全員が自分で着たあと、ルーブル美術館前のパリ市街を練り歩き、ジャンヌダルク像の前で記念写真。
参加された30名の方々から「日本文化の体験が経験ができた」「日本人の素晴らしさを深く知れた」「また着たい」「日本がもっと好きになった」など、たくさんの喜びの声を頂けました。
参加者の一人の男性が、道ゆく人に 得意げに 「どうだい、日本人に見えるかい?」と。嬉しくなりました。

内容:場所(フランス・パリ)人数(30名)

モンゴル・ウランバートルでのセミナー

モンゴルの学生100名(高校生、専門学校生、大学生など)を集まって頂き、日本から持参した100枚の浴衣と帯を使って、自分で着るセミナーを開催。その後、日本の盆踊りを教えました。翌日はうランバートのチンギスハーン広場に櫓を建て、和太鼓を日本の高校太鼓部が叩き、盆踊り大会を開催しました。

内容:場所(モンゴル・ウランバートル)人数(100名)


メディアにも多数取材されました!

フジテレビ取材

2019年10月1日
フランスパリで着物セミナーで現地の人が自分で着物を着たパリコレクションで賑わうルーブル美術館前を30名が歩いた様子がフジテレビのプライムニュースにて放送されました。
毎日新聞掲載

2019年12月19日
毎日新聞全国版の「ひと」に代表 矢作千鶴子の着物の取り組みが掲載されました。(毎日新聞ウェブサイト
マスメディア関係者の方々からの取材も随時お待ちしております!

ご予約はこちら

    以下の必須項目にご入力頂き、内容を確認後メールをお送りください。

    お名前 (必須)

    ふりがな (必須)

    性別 (必須)
    男性女性

    電話番号 (必須)

    メールアドレス (必須)

    生年月日 (必須)

    参加人数 (必須)

    希望日 (必須)

    お客様のサイズについて

    当日こちらがご用意するのに必要な情報です。お手数ですが必ずご入力お願いいたします。ご不明点ございましたらお電話にてお問い合わせください。

    身長 (必須)
    cm

    胴回(ヒップ) (必須)※普段履いているボトムのサイズでもOK
    cm

    足のサイズ (必須)
    cm

    備考 (任意)

    ご入力内容をご確認いただき間違いがなければチェック後「入力内容を送信する」をクリックしてください。

    上記内容で予約をします。